還暦祝い本舗 TOP還暦とは何か?長寿・加寿祝いの由来

長寿お祝いの種類や由来について


還暦・古希などの長寿祝いの由来(還暦の次は?)

長寿のお祝いの種類や由来についてまとめました。

長寿のお祝いの場合、「数え年」や「満年齢」など、分かりにくい部分がありますが、還暦祝いの場合は圧倒的に満年齢の年でされる方が多く、その他のお祝いについては、正式には「数え年」ですが、最近では「満年齢」でお祝いをされる方も非常に増えておりますので、ご都合に合わせてお祝いされるのも良いかと思います。


還暦(赤色)
数え年61歳 満60歳 昭和36年生まれ

還暦とは、60年で干支が一回りして再び生まれた年の干支にかえることから、元の暦に戻るという意味でこのように呼ばれております。干支というと【ね・うし・とら・うー...】を思い浮かべる方も多いと思いますが、正確には十干(じっかん)と十二支(じゅうにし)を組み合わせて形成されています。
よく干支が一回りというと12年ではないの?と思われる方もおられるかもしれませんが、十干の10と十二支の12の最小公倍数である60年が干支の一回りにあたります。
還暦祝いで赤いちゃんちゃんこを着るのは、赤色が"魔除け"の意味があるのと、十干十二支が一巡して"赤ちゃんに還る"という意味もあります。

 

目次を見る


緑寿[ろくじゅ](赤色)
数え年66歳 満65歳 昭和31年生まれ

還暦が60歳(満60歳)のお祝い。その次に70歳(満69歳)の古希祝いと続きますが、2002年に制定された65歳(満65歳)でお祝いをする緑寿(ろくじゅ)のお祝いがあります。

緑寿はまだまだなじみはございませんが、2002年に日本百貨店協会が65歳のお祝いを「緑寿」と提案し始まりました。 最近の60歳の方はまだまだ若く、65歳で定年退職される方も多く、人生の節目となる年になる方もおられますのでご退職のお祝いにあわせてお祝いされても良いのではないでしょうか。

還暦・古希・喜寿・米寿のお祝いをお手伝いする当店にも緑寿についてお問い合わせを頂くこともございます。
ご両親が還暦の歳にはまだまだ余裕のない方も多いのではないでしょうか。
当店では特に還暦(60歳)のお祝いをできなかった方に古希(70歳)までに感謝の気持ちを伝える良い機会になるのではと考えております。

 

目次を見る


古希(紫色)
数え年71歳 満70歳 昭和26年生まれ

「古希」の「古」は、古来の「古」、「希」は「まれ」と読み、めったにはない珍しいことの意。
つまり「古希」とは、「珍しいほどの長生き」ということです。

これは、唐の詩人・杜甫の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出ています。

還暦は数えの61歳(満60歳)ですが、古希は数えの70歳(満69歳)となり、昔は短命な人が多く七十歳まで長寿を保つのは本当にまれであったのですが、今日では決してまれなものではなくなっています。

古希祝いの「紫色」は、古くから特別な意味を持つ色と考えられてきました。 紫は気品や風格を備えた色で、心と体のいやし効果がある色です。
そのため古希のお祝いには、長寿への敬意といたわりの心が込められた紫色が使われています。

 

目次を見る


喜寿(紫色)
数え年77歳 満76歳 昭和21年生まれ

喜寿は「喜」の草書体が「七」が重なっているように見えることから77歳(満76歳)のお祝いを意味します。

室町時代から始まったと言われ本来は厄年の一つであったともいわれます。
その「喜寿」を祝う習慣が始まったのは室町時代と言われています。

喜寿の前の還暦や古希の祝いは中国から伝わってきたものですが、長寿を祝うという習慣が定着する中、「喜寿」を祝う習慣も発生したようです。

喜寿のお祝いも「紫色」となり、古くから高い位を表す色とした扱われ、心と体のいやし効果がある色であるため、不調の時には紫色のものを身近に置いていたといいます。

 

目次を見る


傘寿(紫色)
数え年80歳 満79歳 昭和10年生まれ

77歳の喜寿のお祝いと88歳の米寿のお祝いはご存知かもしれませんが、数え年で80歳のお祝いに「傘寿」祝いがございます。

傘寿は「傘」の字の略字が「八十」み見えるため誕生したといわれます。

当店では特に喜寿(77歳)のお祝いをできなかった方に米寿(88歳)までに感謝の気持ちを伝える良い機会になるのではと考えております。

 

目次を見る


米寿(黄色)
数え年88歳 満87歳 昭和10年生まれ

米寿は末広がりで縁起が良い「八八」と瑞穂の国が由来です。 「米寿」の「米」の字を分解すると、「十」を軸にして2つの「八」が囲む形になっていることがわかります。

「八」という字は古来、日本では末広がりで縁起が良いとされてきました。同時に、瑞穂(みずみずしく、よく実った稲)の国である日本においては、「米」もまた大切な言葉。
その2つがちょうど一致するのが「88歳=米寿」です。

赤より紫より貴い「黄色」で米寿を祝うため、金色や黄色のちゃんちゃんこや頭巾を贈るのが習わしで、金色や黄色のものを贈られる方が多かったようですが、最近では色にこだわらず米寿を祝う気持ちを大切に贈り物を選ばれるのが良いかと思います。

 

目次を見る


卒寿(紫色)
数え年90歳 満89歳 昭和9年生まれ

88歳の米寿のお祝いはご存知かもしれませんが、数え年で90歳のお祝いに「卒寿」祝いがございます。

卒寿は「卒」の字の略字「卆」が「九十」に見えることから名付けられました。

当店では特に米寿(88歳)のお祝いをできなかった方に感謝の気持ちを伝える良い機会になるのではと考えております。

 

目次を見る


その他の関連記事はこちら


その他の関連記事はこちら